<   2005年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コンサート

所属するオケのコンサートだった。
[PR]
by jazzcello | 2005-05-29 22:50 | music

ROOTSのCMのVIOLIN

最近ROOTSというコーヒーのCMで「Don't Worry Be Happy」のバイオリンバージョンが流れている。ベース・ギターなどのリズムセクションをバックに、とても太い音でよい味をだしているので、とても気になっていた。CMにはクレジットは出ないので、メーカー(JT)のHPに行ってみたが、こちらもBGMに関する記載が無い。
そこで、お問合せフォームからROOTSのCMのバイオリニストを教えてくれと問い合わせたところ、「スタジオミュージシャンなので、公表は差し控えたい」との返答だった。残念だが、そういった名も無いミュージシャンにも実力ある人はいるのものだ。とは言っても、その筋では有名な人が一ミュージシャンとしてBGMの仕事をしていたりすることもあるので、なんとも言えないが。
もし、これを読んでいる方で「そのバイオリンを弾いている人をしっていると言う方がいたらお知らせいただきたい。

ちなみに、JTの返答は一日もしないで返ってきた。くだらない質問にちゃんと返答してくれたJTにちょっと関心。こんど缶コーヒーはROOTSにしよう。
[PR]
by jazzcello | 2005-05-25 08:00 | music

ジャズ大名 サウンド図鑑

筒井康隆原作・岡本喜八監督の映画のサウンドトラック。

前半は劇中の音だが、後半はなんと友人のジャズミュージシャンに囲まれて筒井康隆がクラリネットを吹いているという貴重な音源?クラリネットは結構うまいです。 

More
[PR]
by jazzcello | 2005-05-21 14:03 | other album

イン・ア・センチメンタル・ムード/フランソワ・ラバト

イン・ア・センチメンタル・ムード
フランソワ・ラバト / キングレコード
スコア選択:


ジャンルを超えると簡単に言うが、本当に超えるのはとても大変である。ジャンルというものの意味はいろいろ言われているが、演奏者に取ってのジャンルは言ってみれば方言みたいなものである。移住してその土地の言葉がうつったように思っているのは本人だけだったりする。
そんな中、ベースというちょっと大きくてあんまり敏捷でない楽器を使ってひょいとクラッシックとジャズの垣根を飛び越えてしまったのが、このフランソワ・ラバトだ。いや元々彼にとってそんな垣根は存在しなかったのだろう。

More
[PR]
by jazzcello | 2005-05-13 22:30 | other album

パーシーヒース氏逝く

バグス・グルーヴ
マイルス・デイビス ミルト・ジャクソン セロニアス・モンク パーシー・ヒース ケニー・クラーク ソニー・ロリンズ ホレス・シルヴァー / ビクターエンタテインメント


少し前のようだが、モダンジャズカルテットのベーシストとして知られるパーシーヒースが亡くなっていた、81歳。
米ジャズベーシストのパーシー・ヒース氏が死去(NIKKEI.NETより)

こちらで79歳にして初のリーダーアルバムというのを紹介している。のっけかたチェロソロでブリブリ言わせて健在ぶりを示していただけに残念だ。
私のCDラックからパーシーヒースが実に重く・深い音でビートを刻んでいる「バグスグルーブ/マイルスデービス」を下記に紹介しておく。

合掌。
[PR]
by jazzcello | 2005-05-11 22:24 | music

Great Times! Duke Ellington and Billy Strayhorn

Great Times! Piano Duets with Billy Strayhorn
Duke Ellington w Billy Strayhorn / Riverside/OJC



エリントン・ストレイホーンのピアノデュオアルバム。
チェロは後ろ3曲のみの参加。

More
[PR]
by jazzcello | 2005-05-11 18:01 | cello album

セッション

やっと重い腰をあげてチェロでジャムセッションに行ってきた。
基本的な技術のことは言ってもしょうがないのでおいておくとして、コーラスを間違えるという初歩的なミスをしてしまったのが×。

ピチカートでのソロが思ったよりもすんなり出たのは良かった。チューニングの違いはあってもベースで培ったものは大きいということか。その分弓でのアドリブはいまいちだった。速いテンポでは、弓はスラーにして左手でテンポを作らなくてはならないのでつらいところである。このあたりは研究の余地とともにもっと場数も必要だろう。

収穫だったのは、店にアッコースティックギター用のアンプがあったこと、マーシャルのアコースティック用のものだった。十分聞こえたのだが、思ったよりパワーが無い。チェロ用アンプの導入を考えているのでおおいに参考になった。
[PR]
by jazzcello | 2005-05-07 01:08 | cello