<   2005年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アドリブ

Celloでアドリブしようとしてちょっと困っているというか悩んでいることがある。

それは こちらに書いてあるとおり私は長年ベースを弾いている。ベースにももちろんアドリブのソロというものがあり。まあ抜群のソロというわけにはいかないがソロも出来る。で、チェロでアドリブとなったらベースのフレーズをそのままチェロでやるのが一番効率が良い。が、それには大きな問題がある。チューニングが違うのもあるがそれは慣れの問題だからまあ良い。一番の問題はベースソロはベースラインを弾いているということだ。

More
[PR]
by jazzcello | 2005-01-29 23:00 | cello

net

私のHPのjazzcelloalubumでは60枚程度のCDを紹介しているが、考えてみればNETが無かったらまったく不可能だ。

サックスやピアノなどメイジャーな楽器だあればある程度可能だが、Jazzcelloのことをまとまって扱っているものなど何もない。もしNET無しで情報を集めようとしたら、JAZZ専門誌を何冊か買ってCD評を隅から隅まで事細かに見ていかなければならないだろう。さらにCDショップにいったらCD発売情報の冊子などは必ずもらって来ることも必要だ。しかもたとえsばそのつき発売のCDが全部網羅しているようなものが必要なので、場合によると有料かもしれない。 しかも現在紹介しているCDの大半は輸入盤なので、上記の方法でもほとんどは見つからかっただろう。そうすると、輸入CDショップに足しげくかよって、裏ジャケのメンバー表を目をさらのようにして見なければならない。メンバー表が中にあったらもうアウトだ。

More
[PR]
by jazzcello | 2005-01-25 22:17 | music

譜面台(トラックバック)

これは新・あぱあぱするすけSAX&音楽ノートへのトラックバックです。
それで、ですます調で書いてます。こうすると普段の記事もですます調で書いたほうが良いのかなあ?どうでしょうか?

譜面台といえば、私も持ち運び用にはウィットナーを使っています。楽器を持ち出すときは99%車なので車に入れっぱなしにしていて、「車載譜面台」となっています。
畳んだときの小ささはやはり最強で持ち運び用としては定番ですね、所属するオケの皆さんおも大半の方が使っています。、一つだけ不満が、というのは譜面台上部についている大きな譜面対応用の棒。回転して出すようになってますがあの回転の部分がゆるくなって止まらなくなってませんか?オケでは何じゃこりゃというようなでかい版の譜面があるので不便です。

More
[PR]
by jazzcello | 2005-01-21 12:41 | music

If Trees Could Fly(邦題:Bass&Cello)

If Trees Could Fly
Marc Johnson & Eric Longsworth / Intuition



1曲目から強力なチェロによる16ビートのカッティング&スラップで始まる。ベースとのデュオなのだがチェロの方がグルーブしているくらいだ。チェロのエリックロングスワークという人は日本では知られていないがこんな人がいるとはびっくり。それともアメリカにはこの程度のジャズチェリストがゴロゴロしているってことか?それとも僕が知らないだけでその筋では有名人なのか?

More
[PR]
by jazzcello | 2005-01-21 10:25 | cello album

バロック弓というのがある。弓の型自体が違うのだが持ち方も違ってやや短めに持つ。通常の持ち方は親指がフロッグにかかるようにして持つが、バロックの場合はフロッグから離れる(らしい・バロック弓に関して研究した訳ではないので)。

More
[PR]
by jazzcello | 2005-01-20 10:59 | cello

A Love Song/Percy Heath

A Love Song
Percy Heath / Daddy Jazz



MJQを始めとするジャズの名盤で黙々とリズムを刻んできたPercy Heathのなんと79歳にしての初リーダーアルバム。

良い意味での地味なサイドマンのイメージの強いPercyHeathだがバックにベースを従えてチェロまで弾き自己をフューチャーしたものだった。

More
[PR]
by jazzcello | 2005-01-18 19:45 | cello album

I REMEMBER CLIFORD/Windmill

I REMEMBER CLIFORD/Windmill

パリを舞台に、透明感のあるアコースティックジャズを出している3361BLAKレーベルの一枚。
歌と伴奏ではなくヴォーカルも1パートと捉えたトリオ演奏だ。

More
[PR]
by jazzcello | 2005-01-04 20:10 | cello album