カテゴリ:cello( 46 )

チェロを弾く

 今日は「某市ファミリーコンサート」というところでオケのメンバーとしてチェロを弾いたのだが、「普通のチェロ日記」になりそうなので省略。

一つだけ、客席にいた妻によると「家でごはんと食べているときと同じ調子」に見えたそうだ。やはり緊張していないらしい。
[PR]
by jazzcello | 2004-11-23 21:53 | cello

チェロを弾く(ただし練習)

朝からチェロのレッスン、午後はオケの練習というチェロ三昧の日だった(お~、まるで普通の(笑)チェロ日記のようだ)。

レッスンでは「今でも緊張する」ことがある」のが解ったのが収穫である。楽器を持って緊張するのは久しぶりだ。40歳前にして、私にもまだそんな感覚が少しは残っていたのか。

オケは明後日に小学校で演奏するものの練習。「解りやすい」曲ばかりなので一転して緊張しないモード。まあ難しいところ(正直に言えば弾けないところ)はいっぱいあるんだけど、緊張しないなあ。よくない傾向である。

本当に普通のチェロ日記のようだ。
 
[PR]
by jazzcello | 2004-11-21 18:51 | cello

PICKUP到着


 PICKUPが来た。ひとつだけ誤算だった、「厚い」。これを駒のウイングの隙間に入れるにはかなり削らないと入らない。
そこで

1.駒を削る。
2.ピックアップのカバーを分解して素子の部分だけ取り出す。
3.あきらめて駒かボディに張る。

1.は出来なくはないが心理的に抵抗がある。
2.は心理的に抵抗はないが失敗の可能性は高い。
3.ここまで来てそれは無い。

さて、どうしたものか。
[PR]
by jazzcello | 2004-11-15 18:48 | cello

PICK UP

チェロ用のピックアップマイクを探していた。ボディに貼りつけるタイプは良くあるのだが、塗装に悪そうなのとハウリングが起きそうなので出来れば駒に装着するタイプを探していた。

FISHMANというところから出ているのは知っていたのだが他にはなかなか無い。いよいよFISHMANにするしかないかなと思っていたところSHADOWというところからも出ているのを発見した。

ところがこのピックアップ、駒のウイングの隙間に挟むのだが他の楽器用のものと兼用しているらしくピックアップが駒から大きくはみ出している。 それを見て思った「はみ出しても良いのか」そう、それならばギター用の駒に貼りつけるタイプはたくさん出ているので適当な大きさのものを手にいれて自分で挟めばいいのだ。 

という事で取り合えず実験の意味もあるので一番お手ごろなGUYATONEのピックアップを取り寄せて挟んでみることにした。さてどうなるのか?
[PR]
by jazzcello | 2004-11-13 22:47 | cello

TWO FINGER

二本指である。昔はやったウイスキーの飲み方ではなくて弦楽器を指ではじくときに使う指の数だ。

ベースはかつては一本だった。だれが始めたかは不明だがいつしか二本で交互に弾くようになって断然早いフレーズを弾けるようになった。故レイ・ブラウンは初めて見たときものすごくびっくりして「何で自分が気づかなかったのだろう」と思ったそうだ。

ベースはさておきチェロの場合2本で弾く人はあんまりいない。クラッシックの人は二本では弾かない。なぜなら二本だと弦を横方向に弾くことになり、粘っこい音にはなるのだがストレートにポンと響かなくなるからだ。(昔ベースで吹奏楽をやっているときピチカートが変とよく言われた)本当のところは要求されないからなんだけど。

私は2本指で弾くようにしているのだが、速く弾くには弦にかけた指先の腹が指板につかないといけない。それにはかなり低い弦高にすることになり音色に影響がでる。この辺りをどうするかも今後の課題ではある。
[PR]
by jazzcello | 2004-11-10 18:38 | cello

チェロを弾いた。

ちょっと変わった所でチェロを弾いた。

市民文化祭というイベントで筝曲の合奏の中でだ。なぜかと言うと母が筝曲の師範だからで、弟子やら指導している筝曲サークルの人やらがメンバーだ。

母から「尺八」のパートをチェロで弾けというお達しだ。音域が違うので無理ではないかと思ったのだが、オクターブ下げで良いとのこと、大丈夫かいなと思ったのだが大丈夫だった。

ちなみに曲はわらべうたを編曲したもので昭和に書かれた曲、特に筝曲という感じはなかったので大丈夫だったのかもしれない。
筝の方は30名くらいいたのだが、一人だけ持続音だったためか良く聞こえたとのこと。


筝曲の合奏のあとに若い人達のコーラスのグループが歌っていたのだが、これがすばらしかった。ハーモニーが完璧!!箱根八里の歌をブルースコードに載せて歌っていたりしていて、かっちょよかった。ジャズ好きの私からすると「ソウル」が足りないな(笑)と言ったところだが、すばらしかった。

ただ、間抜けなことにグループ名が解らない。だめじゃん。
[PR]
by jazzcello | 2004-11-07 19:43 | cello