カテゴリ:cello( 46 )

4th Tuned Cello

ふと思いついた。このところチェロを弾いてない。ベースばかり弾いる。ならば、かつてのジャズベーシストのようにベースのオクターブのチューニング(4度調弦)にしてみたらどうかな?

そんなこんなで、色々調べたいたらなんと4度調弦用の弦が市販されているのがわかった。

http://www.orchestral.daddario.com/OrchestralProductDetail.Page?ActiveID=4495&productid=168&sid=6d51f89d-f0fc-4f83-83a5-a9262d6f5ec5

なんと!!市販されるほどの需要があるということだ。だとすると、これは4度調弦にしなけりゃならん。

ただ、この弦は日本では公式には販売してないようだ。ならば、どうしよう?と考えてみて思いついてしまった。
「4度調弦ならギターだ」「ギターのフラットワウンド弦をはってみたらどうだろう?」

所有しているフルアコに張られている弦を見る限りギター弦のほうがやや細そうだ。ギター弦は太さが数値で示されているがチェロ弦の太さのデータは無いだろうかと探してみて見つけたのが次のページ

http://www.sasakivn.com/werkstatt/report/saitenschpan.htm

ギターとチェロ共通のD弦で比べるとして、この表中のチェロD弦で最も細いのは0.935mm=0.37インチ。一方、比較的入手しやすいギターのフラットワウンド弦、ダダリオのミディアルゲージのD弦が0.35インチ。そんなにかけ離れた数値ではない。あとは弦長がチェロのほうがやや長いので長さが足りるかだけの問題だ。

そこで、ダダリオフラット弦の4~6弦をチェロにはってみた。

結果は、ダメだった。

というのは、長さもOKだったしチューニングも目的の音が出たし、弦が細い分ややテンション感が弱いがまあ許容範囲。だが。音色が「変なギターの音」になってしまった。


ならが、市販のチェロ弦でなんとかするしかあるまい。チェロ・ベースのチューニングを並べてみると

C・G・D・A
E・A・D・G

これを変換すればよいのだが。Dは共通なので問題無し。A→Gは1音下げるだけなので多少揺るくなるが可能。G→Aは一音上げなので、多少きつくなるが可能。問題はC→Eで、2音あげるのは許容範囲外。

で、弦の並びを見ていて思ったのが、Gを下げるほうが近い(1音半)じゃないか。下げるよりあげるほうが弦にも楽器にも負担は少ないだろうし。

とりあえず、C弦をはずして予備のGを張って(つまりG・G・D・A)
A→G
D→D
G→A
G→E
にしてみたところ、Aのハイテンションが突出して違和感があり、Eのユルユルは最低弦だと案外気にならなかった。

テンションがきついのなら細い弦を使えばよいということで、G弦のライトゲージを使ってみることにした。チェロ弦にも(全ての弦にではないが)ゲージ違いがよういされていることが多い。でライトGをA弦として張って見たのだ。

その結果、突出したハイテンション感が大分緩和されていい感じだ。ほぼ違和感がない。これで、完成としてもよいのだが、1音半下げたEをGのヘビーゲージに変えるとよりグッドだろう。

まとめると。

1弦:A弦を1音ダウンしてGとして使う
2弦:D弦をそのまま
3弦:G弦ライトゲージを1音上げてAとしとして使う。
4弦:G弦(ヘビーゲージ推奨)を一音半下げてEとして使う。
(ちなみに弦はスピロコアをしようした)

これで、弾いてみるとチューニングが違うだけなのだが、かなりの違いがある。一番の収穫はジャズフレーズが弾けること。もちろんレギュラーチューニングのチェロでも弾けるのだがベースで憶えた運指で弾けるのは「アドリブ」をするうえではものすごいアドバンテージだ。
アドリブの考え方として、頭にうかんだフレーズを指で再現するというのがあるが、アドリブをしていく中で「頭」ではなくて「指」が覚えているフレーズというのはどうしてもある。特にブルージーなフレーズは4度のほうがやりやすい。

もうひとつ、音色が違う。4度は5度よりも響かないチューニングなのでその影響か、やはり音が微妙にくすんだ感じがする。音響的にはマイナスなのだが、その「くすみ」はジャズをブルースを感じさせるような気がする。


で、ここまで書いて来てなんだが、チェロを弾きたいと思うのならやはりレギュラーチューニングでやった方がよい。たとえあなたがベーシストだとしても。4度チューニングのチェロはやっぱり「ピッコロ・ベース」であってチェロではないと思うからだ。チェロの音が欲しいのなら、5度にしましょう。
[PR]
by jazzcello | 2015-02-24 20:22 | cello

アフターセッション

5月26日 熊谷 AKATSUKI でのライブのアフターセッション


[PR]
by jazzcello | 2009-07-27 21:46 | cello

足利屋根裏ライブ

c0036419_106820.jpg


8月2日(日)8:30~ に変更になりました。
[PR]
by jazzcello | 2009-07-02 20:30 | cello

ウッドストーリージャムセッション

文化不毛の土地、加須市に出現した「カフェレストラン&ジャズ ウッドストーリー」のジャムセッションに行ってきた。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~woodstory/index.html

More
[PR]
by jazzcello | 2008-03-09 19:00 | cello

ライブのお知らせ

いものや亮 JAZZ LIVE VOL.6

日時:2008年1月27日(日)午後6時00分~

場所:くいものや亮 高崎市田町106 027-326-9927

チャージ:500円

出演
KRMC(くいものや亮・ミュージシャンズ・クラブ)
山崎隆之(s.sax、t.sax)
甲賀英明(piano)
高橋泰(bass)
伊藤勇輝(drums)
ゲスト
平渡圭樹(E-cello)
[PR]
by jazzcello | 2008-01-27 18:00 | cello

KRMC ライブ

無事終了

会場は非常に雰囲気の良いレストランで、お客さんも満員の気持ちの良いライブとなった。
今回もエレキチェロで、会場の関係かアンプのせいか?今ひとつ音抜けが悪いような気もしたが、かえってアルコのカリカリ音が抑えられて良かったかもしれない。
そんなこともあってか、ビブラートを掛けたロングトーンは存在感のある音になったと思う。細かい音でパリパリというのはそれこそサックスなんかにはかなわないのだから、こういった所でチェロの特性が出せるのでは無いかと思う。

セットリスト

Candy
The Day of Wine and Roses
Ave Maria
Polkadots and Moonbeams
威風堂々

Eighty-One
Footprints
Ukiya(浮野)
My Foolish Heart
Mr. P.C.

Cantaloupe Island
[PR]
by jazzcello | 2008-01-27 18:00 | cello

Orion jam session

越谷のライブハウス ORION のジャムセッションに行って来た。

http://blog.livedoor.jp/hiro9231/

ジャニスを歌う人、ロックンロールしてる人、短いコード進行でジャムる人、スタンダードを弾く人・・・・・等々色々ありで面白かった。
久しぶりにエレキギターとエレキベースのガンガン鳴る中に身をおいたのは気持ちよく、ちょっとベース弾きたくなった。

もって言ったのはエレキチェロで、3回演奏したのだが、初め「空いていたマーシャル」二回目「DI経由のPA」三回目「JC」と全部違う物につないで演奏した結果JCが一番良い音がした(というか他の二つは使い物にならなかった)。
ということで、やはりエレキチェロにはクリーン系のギターアンプが合っているようだ。
[PR]
by jazzcello | 2007-12-28 22:09 | cello

高崎ストリートライブ

c0036419_21423584.jpg

無事終了

演奏したのは、スーパーの駐車場で客席は車両進入禁止の路上と言うこの上も無い良いロケーションでの演奏だった。天気にも恵まれて実に気持ちが良かった。

演奏したのは以下の曲

More
[PR]
by jazzcello | 2007-11-14 21:29 | cello

高崎ストリートライブ

JAZZ SFIDANTE 2007

2007年10月14日(日) 12:00~16:00

高崎市鞘町スズラン駐車場特設ステージ(さやモール)

More
[PR]
by jazzcello | 2007-10-03 21:08 | cello

Stafford electric cello

念願のエレキチェロを入手。c0036419_13475581.jpg

Staffordというのは黒澤楽器のブランドでこの楽器は韓国製のものを輸入して自社ブランドとして発売したもののようだ。だいぶ前に黒澤楽器のHPで見かけてしばらくチェックしていたのだが掲載分が売れたらそれっきりになってしまったのだが(やっぱり売れないのかなあエレキチェロ)某中古楽器店で発見した。

More
[PR]
by jazzcello | 2007-09-17 21:24 | cello