カテゴリ:other album( 10 )

Music of Bill Evans / Kronos Quartet

Music of Bill Evans
/ Savoy Jazz
1985年録音のクロノスカルテットによるビルエバンス集。発表された当時は弦楽からのジャズへのアプローチとしてちょっとした話題になっていた、不覚にも聴いたことが無かったので再発を期に聴いてみることした。

More
[PR]
by jazzcello | 2007-05-18 12:50 | other album

You're Under Arrest / Miles Davis

You're Under Arrest
Miles Davis / Columbia



帝王マイルスの1985年発表のアルバム。ポップマイルスなどと言って受け付けない人達がいる一方で、タイムアフタータイムはこの一枚でスタンダード入りしてしまったという影響力もあるアルバムだ。

More
[PR]
by jazzcello | 2006-09-12 08:21 | other album

Friends seen and unseen / Charlie Hunter Trio

フレンズ・シーン&アンシーン
チャーリー・ハンター / Pヴァイン・レコード



Don't trust under 30.で見つけた8弦ギター奏者チャーリーハンターのアルバム。
8弦ギターはベース部とギター部を別々に出力できるもので、ハンター自身は「オルガン奏者が足鍵でベースラインを奏するのを模した」と言っているらしい。とは言っても、実際に足で弾けるわけではなくて、あくまで右手の親指でベースライン・その他の指でギターを弾くことになる(左手は一本でその両方を加味しながらということになる)。

More
[PR]
by jazzcello | 2006-06-01 22:01 | other album

アウトバーン/クラフトワーク

アウトバーン
クラフトワーク / 東芝EMI



私がこのアルバムの存在をしったのは1980年くらいだったと思う。当時旋風を起こしていたテクノポップの元祖ということで聞いてみたのだ。タイトルトラックの延々と同じリズムを繰り返すビートにはまって、ステレオのあった客間(いわゆるコンポの大きいのが家に一台あっただけでレコードを聞くにはそこへいかなければならなかった)でヘッドホンで延々と聞いていたものだった。

More
[PR]
by jazzcello | 2006-04-04 12:38 | other album

ヴォーカル2題

枯葉/サラ・ヴォーン

枯葉
サラ・ヴォーン ジョー・パス ローランド・ハナ アンディ・シンプキンズ ハロルド・ジョーンズ / ビクターエンタテインメント

New Moon Daughter/Cassandra Wilson

New Moon Daughter
Cassandra Wilson / Blue Note Records

なんとなく思い立ってヴォーカルものを久しぶりに購入。両方ともずっと気になっていたのだが今になってしまったもの。
あまりヴォーカル物は好きではないのだが、この二人はわりと好きですんなり聞ける。

枯葉はあまりのすごさに口ポカーン。今までほうっておいてごめんなさい。
[PR]
by jazzcello | 2005-09-13 12:08 | other album

ジャズ大名 サウンド図鑑

筒井康隆原作・岡本喜八監督の映画のサウンドトラック。

前半は劇中の音だが、後半はなんと友人のジャズミュージシャンに囲まれて筒井康隆がクラリネットを吹いているという貴重な音源?クラリネットは結構うまいです。 

More
[PR]
by jazzcello | 2005-05-21 14:03 | other album

イン・ア・センチメンタル・ムード/フランソワ・ラバト

イン・ア・センチメンタル・ムード
フランソワ・ラバト / キングレコード
スコア選択:


ジャンルを超えると簡単に言うが、本当に超えるのはとても大変である。ジャンルというものの意味はいろいろ言われているが、演奏者に取ってのジャンルは言ってみれば方言みたいなものである。移住してその土地の言葉がうつったように思っているのは本人だけだったりする。
そんな中、ベースというちょっと大きくてあんまり敏捷でない楽器を使ってひょいとクラッシックとジャズの垣根を飛び越えてしまったのが、このフランソワ・ラバトだ。いや元々彼にとってそんな垣根は存在しなかったのだろう。

More
[PR]
by jazzcello | 2005-05-13 22:30 | other album

クリスタル・サイレンス/チック・コリア&ゲーリー・バートン

クリスタル・サイレンス
チック・コリア&ゲーリー・バートン チック・コリア ゲーリー・バートン / ユニバーサルクラシック
スコア選択:


高校生のとき部室(吹奏楽部)のステレオで友人がかけていたのを聞いて「こんな美しい音楽があったのか」と感動した。が、その後なんとなく買いそびれていたのを急に思い出した購入した。あの感動はウソではなかったこのアルバムを「美しい」といわずして何を「美しい」と言えるだろう。そう言っても過言では無い。しかも、高校生のころはその美しさだけに感動していたが、今聞いて見ると美しいだけではない。ピアノ・ビブラフォンという二つの”打”楽器によるブルーブあふれる演奏である。ジャズは、いや音楽はグルーブを失うことなく美しくなれるのだ。

More
[PR]
by jazzcello | 2005-03-31 22:56 | other album

The Ukulele Orchestra of Great Britain

昨日はあまりに「普通のチェロ日記」だったので今日は変なものを出して中和(中和する必要があるのか?)。チェロですらない。

1988リリースのThe Ukulele Orchestra of Great Britainのアルバム。入手したのは日本盤(があったのだなぜか)なのでおそらく1~2年あとだと思う。モノクロのアーティスティックなジャケットと(いわゆる「おしゃれな感じ」)大仰な名前で(何せウクレレオーケストラオブグレートブリテン)目を引いたが、中身も中々のものだ。

More
[PR]
by jazzcello | 2004-11-22 22:52 | other album

天然の美/塩田美奈子

かなり前にTVで紹介されているのを聞いておもしろいと思いCDショップで探したが見つかずそのままになっていたもの。

最近塩田美奈子がTVで歌っているのを見て思い出し例によってネットで検索したら出た。実に便利だがつい買いすぎてしまうのが難点。一応コントロールはしているつもりだが、カードの引き落しが小遣いの額を超える日も近いかも。

More
[PR]
by jazzcello | 2004-11-05 19:34 | other album