Baroque Jazz Trio

BJT
バロック・ジャズ・トリオ / / インディペンデントレーベル



フランスのジャズレーベルから発売されていた(らしい)70年代のジャズアルバムの再発CD。
なにがBaroqueかというと、チェンバロが入っているからだと思われるのだが、これが恐ろしいことになっている。



リズムは70年代的な8ビート・16ビート、ドラムが一部を除いてリズムをキープしている。チェロは随所にアルコによるメロディーを弾くがピチカートでベースラインを弾くことも多い。そして曲はいわゆる「リフ」によるもので短いパターンを延々と繰り返すものが多い。

そして、それにのってチェンバロがジャランジョランと取り付かれたように弾きまくるのだ。

リズムはちゃんとしているし、恐ろしい不協和音があるわけでもないし、雑音を出しているわけでもないのだが・・・・・・・・・・すさまじいインパクトである。

JEAN-CHARLES CAPON(vc)
PHILIPPE COMBELLE(dr)
GEORGES RABOL(pf Cemb)

1.Dehli daily
2.Terre brulee
3.Chandigardh
4.Latin baroque
5.Zoma
6.Orientasie
[PR]
by jazzcello | 2007-05-18 12:57 | cello album
<< 再現型シアターコンサート1824 Music of Bill E... >>