HELLEN MERRILL WITH CLIFFORD BROWN

helen merrill
Helen Merrill with Clifford Brown / Universal Jazz



あの「ゆ び そ~~」である。何でこれがここに紹介されるかと言うと、Oscar Pettifordがチェロを弾いているからである。




おそらく、世のジャズファンの耳に一番多く聴かれているJazz celloの音だろう。Oscar Pettifordが、パワフルにかつ小粋にひいている。このアルバムは若かりし頃ジャズ喫茶で聴いたのだけど、チェロの音がすごく新鮮に響いてはっとしたものだ。

いつかは自分で買って聞きなおそうと思っていたのだ今になってしまった。
(実はある人から、Jazz celloと言ったらHELLEN MERRILLのOscar Pettifordと言われて、思い立って買ったもの)

Helen Merrill(vo)
Clifford Brown(tp)
Danny Bank(fl)
Jimmy Jones(p)
Barry Galbraith(g)
Milt Hinton(b)
Oscar Pettiford(b, cello)
Osie Johnson(dr)
Bobby Donaldson(dr)
Quincy Jones(arr)

1.Don't Explain
2.You'd Be So Nice To Come Home To.
3.What's New
4.Falling in Love with Love
5.Yesterdays
6.Born to Be Blue
7.'S Wonderful
[PR]
by jazzcello | 2006-12-08 12:00 | cello album
<< 謝罪 Hommage Grappel... >>