バイオリンビッグバンド

ジャズ界ではバイオリン属の集団のことをストリングスと言い習わしていて、ゴージャスな雰囲気を出したいときなどに使用される。集団なのでちゃんとアレンジしなくてはいけないのとストリングスはスイングしないといわれているので、大体バックグランドとして使用されることが多い。
雰囲気としてはサウンドトラックのようになるので、硬派のジャズファンからは軟弱として評判が悪くレコード会社側が売れ線を狙ってレコーディングしたのだなどと言われるのだが、これが案外ミュージシャンがやりたがっていたりすることも多い。むしろ、人件費がかかるので製作側はやりたがらないらしい。





さて、そんなこんなでジャズ界ではつけたしのように扱われているストリングスであるが、発想の転換で「バイオリンの集団=バイオリンビッグバンド」と銘打ったイベントが行われるようだ。関西のようなので私はいけないのが非常に残念。

バイオリンビッグバンドやってみなはれジャズバイオリンより)
[PR]
by jazzcello | 2006-11-24 08:14 | music
<< Hommage Grappel... ストラディバリウスは名器か? >>