net

私のHPのjazzcelloalubumでは60枚程度のCDを紹介しているが、考えてみればNETが無かったらまったく不可能だ。

サックスやピアノなどメイジャーな楽器だあればある程度可能だが、Jazzcelloのことをまとまって扱っているものなど何もない。もしNET無しで情報を集めようとしたら、JAZZ専門誌を何冊か買ってCD評を隅から隅まで事細かに見ていかなければならないだろう。さらにCDショップにいったらCD発売情報の冊子などは必ずもらって来ることも必要だ。しかもたとえsばそのつき発売のCDが全部網羅しているようなものが必要なので、場合によると有料かもしれない。 しかも現在紹介しているCDの大半は輸入盤なので、上記の方法でもほとんどは見つからかっただろう。そうすると、輸入CDショップに足しげくかよって、裏ジャケのメンバー表を目をさらのようにして見なければならない。メンバー表が中にあったらもうアウトだ。



そうしてみるとNETの力がいかに大きいかわかる。ある特定の情報が欲しい場合NETの力は絶大だ。

しかし、NETの情報の弱みはこちらが積極的に引き出そうとしないかぎり向こうからや遣ってこないこと(まあ、これは特定の情報を発しているHPなどを見つけておけばなんとかなるが)、もう一つは情報が重要度に関わらす同じように見えるということだ。検索エンジンを使ってとろくでもない情報の山に埋もれてしまった経験はだれでもあるだろう。

そういえば今をさること25年程前私が中学生のころ担任の国語の先生がこういった。「これからは技術の発達で情報を取っってくるのは簡単になる。でもその中でどれを選択するかという選択の技術が重要だ。」たしか辞書をひいて答えたのだけど、辞書に載っている意味を全部(複数の意味がある言葉がありますね)読んだやつがいて「で、その中の正解はどれなんだ?」と言ったあとに続けていった言葉だったと思う。あの先生当時20代後半だったか?もういい年だろうにどうしているだろう。
[PR]
by jazzcello | 2005-01-25 22:17 | music
<< アドリブ 譜面台(トラックバック) >>