セッション

久しぶりに、草加市 Sugar Hillでのセッションに参加。

なんと20名の参加者だったそうで、たしかに人は多かった。演奏する機会は減ってしまうが、やっぱり演奏は大勢の前のほうが楽しい。



そんな中でALL・Blues Candy Fly・me・to・the・monnの三曲を演奏。

ところで先日入手したGⅡを使用してみた。

前回参加したときはギターアンプだったのだが、今回はPAだったので簡単には比べられないがこれが実に調子いい。今までは擦弦音が気になってプリンプもしくはアンプのトーンで高音を必ず絞っていたのだが、今回はむしろトレブルをあげて使用したくらいだった。

これでとりあえずプリアンプ問題は解決なのだが、新しい問題が。それはPAで出力するとローが出すぎて、ハウリングを起こしてしまうということだ。まあ音量を上げなければ良いのだが、ちょっと問題ではある。

いちおう今回はローを絞ったのと、音量を上げないということで対処したのだが、GⅡのあとにADI21をかましてハウリングポイントをカットするという方法も考えられる。元々、GⅡ入手の発想がエフェクトをかましたいということだったので、、GⅡADI21の間にかますことも可能だ。

さてそうなると、例えばセッションなんかに足元系機材もいくつも抱えていくのは面倒だし、だいたいセッティングをしている時間が無い。

次はエフェクトボードか。
[PR]
by jazzcello | 2006-06-18 22:43 | cello
<< 大人には聞こえない着信音 プリアンプ >>