ifp-895

ライブやセッションなどでZOOMPS-04を使って録音している。

自分の記録用としては十分な程の音で録音できるのだが、録音時間が約60分しかないこと(音質の設定を落とせば倍になるのだが、そうするとWAVEへの変換が出来ない)、モノラルであること(ステレオマイクを使って2トラックに録音することはできるのだが、そうすると録音時間はさらに半分)、操作がやや面倒であること(本来はじっくりと音楽を製作する場面で使うものだからこれはしょうがない)等々の理由で、演奏の記録用の録音機材を別に欲しいと思って物色していた。



お手軽な録音機材というと、カセット・MD・ボイスレコーダーのいずれかになるのだがこのうちカセットは今更。MDは再生分野ではメモリープレイヤーに押されているが録音用としては音質と手軽さでいまだに使っている人は多い。とはいえ、録音できるものは案外高いのと、実はいまだMDは使っていない状況(押入れに眠っているミニコンポについているが録音したことが無い)。

とうことからボイスレコーダーにしようと物色していたのだが、ボイスレコーダーというくらいで本来は会議などを録音するものであるから、音楽の録音には向いていない。最近はステレオ録音できたり、音質も改善されているものもあるのだが、どうもあまり評判はよくない。

そんな中メモリープレイヤーであるi-riverはボイスレコーダーとして外部マイクが使えるという情報を見つけた。i-podなどにもボイスレコーダーの機能がついているものはあるのだが、マイクが接続できるものは無い。しかもネットをウロウロしていると、バンドの練習の録音などに使っている人は多く、隠れた「すぐれアイテム」のようだ。

それは良いと思っているとなんとi-riverモデルチェンジをして新機種は外部マイクは対応していないとのこと。まだ旧機種は売ってはいるようなので今のうちである。う~ん、それには予算がと思っていたらi-riverネットショップで512MBタイプのアウトレット品を発見約7000円!!これなら小遣いで買える!!(外付けマイクも買わなければならないがそれは来月の小遣いで)

もしはずしてしまった場合は普通にプレイヤーとして使用すればよいので、さっそく注文!!
[PR]
by jazzcello | 2006-04-13 06:18 | music
<< 【チェロ弾きさんに30の質問】 アウトバーン/クラフトワーク >>