BASS CLUB

レッドミッチェルの日本録音盤。

この人はベースを5度チューニングしているのだ(チェロのオクターブ下)。まあ聴いただけじゃ解らないといえば解らないのだが、言われてみればハーモニーがオープンで綺麗になっている。

オマさんのほうは4度チューニング(ベースのオクターブ上)のピッコロベースを弾いている。まったく、音の細さを感じさせない存在感だ。

厳密にはチェロアルバムでは無いのだが、ピッコロベースが4度チューニングチェロと言ってもよいのでここに。




レッド・ミッチェル(b)
鈴木勲(Piccolo-bass)
山本剛(pf)

収録曲
1. オープニング・オブ・ベース・クラブ
2. パーディド
3. ポルカ・ドッツ&ムーンビームス
4. エンブレイザブル・ユー
5. イェスタデイズ
6. アロン・トゥゲザー
7. ブルース・イン・ザ・クローゼット
8. クロージング・オブ・ベース・クラブ
[PR]
by jazzcello | 2004-12-09 22:00 | cello album
<< ヤマハのバイオリン 普通のチェロ日記 >>