Cellobotomy/Gideon Freudmann

このサウンドは何だろう?一部にギコギコっていうところはあるが、決してアバンギャルドでは無い。ギターはごくごく普通にストロークしていたりする。

チェロってこういうイメージとか、こういうイメージがあってそれにはチェロがあうとか出なく。
「自分はチェロが弾ける。」「自分の出したい音はこれ。」ってことなのだろう。タイトルからしてチェロにこだわっている、大体裏ジャケで電飾に飾られてチェロを弾いているのだ。

正直いって音はあんまり好みではないが、この姿勢は見習いたい。




1.Nirvana Toast
2.Cellobotomy
3.Opium Den
4.Messin' With the Gid
5.Antfarm
6.Waldo's Waltz
7.Squids in the Wind
8.Opus 4 1/2
9.Ringo's Boogie
10.Caesar's Slumber
11.Blueswing
12.Old Country
13.Lavender Lemonade
14.Rush Hour
15.Cello Bop
16.Sunrise
17.Nightcap
[PR]
by jazzcello | 2004-11-30 23:56 | cello album
<< 普通のチェロ日記 チューニング >>