チェロを弾く(ただし練習)

朝からチェロのレッスン、午後はオケの練習というチェロ三昧の日だった(お~、まるで普通の(笑)チェロ日記のようだ)。

レッスンでは「今でも緊張する」ことがある」のが解ったのが収穫である。楽器を持って緊張するのは久しぶりだ。40歳前にして、私にもまだそんな感覚が少しは残っていたのか。

オケは明後日に小学校で演奏するものの練習。「解りやすい」曲ばかりなので一転して緊張しないモード。まあ難しいところ(正直に言えば弾けないところ)はいっぱいあるんだけど、緊張しないなあ。よくない傾向である。

本当に普通のチェロ日記のようだ。
 
[PR]
by jazzcello | 2004-11-21 18:51 | cello
<< The Ukulele Orc... Sky/David Eyges... >>