カーステ

通勤車のCDが聞けなくなってしまった。カセット・ラジオタイプに純正オプションでCDを取り付けたものでラジオ部は問題ないのだがCD部の電源が入らないようになってしまった。修理工場で見てもらったところ、電源周りの異常は見られないので本体になんらかの故障が生じているだろうから修理するとするとメーカーに送るようになるとのこと。見込みで2~3万くらいはかかるのではないかというので、あきらめて車内での音楽鑑賞には別の方法を考えることにした。連続して音楽を聴ける時間が通勤時間だけという状況ではラジオだけでは悲しい。



というわけで LAT-FM200Uを購入してみることに、シガライターに刺して使うMP3プレイヤーだが内臓メモリーがなくてUSBフラッシュメモリーを使うものだ。
値段から言うとプレイヤー+トランスミッターの格安のものを買うという選択肢もあったのだが、フラッシュメモリーをすでに持っているのと、電源を気にしなくてよいことからこちらにした。他のプレイヤー用のFMトランスミッターとしても使用可というところもポイントの一つだ。いずれ本格的なプレイヤーを購入した場合そちらに転用できるというわけ。

壊れたCDの修理よりは安いという理由で、予算が認可されたんでamazonにて早速注文。実は壊れなくても買おうと思っていたのでラッキーだったのかも?
[PR]
by jazzcello | 2006-03-06 12:41 | music
<< LAT-FM200U PSE法 >>