SET FREE/Jazztronik

SET FREE
ジャズトロニック / インポート・ミュージック・サービス



堂々と(?)E-celloがクレジットされている。弾いているのは斎藤孝太郎という人で、E-celloをメインに活動している珍しい人だ。

残念ながら、このアルバムではあまり目立ってないのだが、タイトル曲でフルートのユニゾンで弾いているのがE-cello、チェロというには少しとがった音が聞ける。そういう意味では貴重なアルバム。

アルバム自体のほうも、ラテン系パーカションとベースのビートが心地よい。たまに聞かれるむき出しのシンセ音が懐かしい。
[PR]
by jazzcello | 2005-06-08 09:30 | cello album
<< BASS 「正しい演奏」 >>