ラジオから


今日帰りの車の中で70年代の邦楽リクエストというのをやっていた。私は1965年生まれなので5歳から15歳までの期間。まさに「子供の頃」だ。

ちょっとかっこいいベースのピックアップで始まったかと思うと「そらに太陽がある限り」(にしきのあきら)だったり、「勝手にしやがれ」のサビでストリングスが「キロキロロ」とやっているのが妙に耳について懐かしかったり。色々とおもしろかった。

ただ懐かしいと思えるのは当時の「歌謡曲」で、RCの「スローバラード」とか陽水の「氷の世界」などは当然前から知っていたし、良い曲なのだがなんだか懐かしいという気はしなかった。きっとそれらの曲は当時の僕は子供で耳にしなかったか、しても印象に残らなかったのだろう。

70年代の音楽の特徴は色々あるが、今から見ればキーワードは二つである。
「ビートルズ以降」であって「YMO以前」である。
[PR]
by jazzcello | 2005-04-18 21:48 | music
<< 再び吹奏楽 Cool struttin' >>