EASTERN MAN ALONE/CHARLES TYLER

アルトサックス・チェロにツインベースというなんだか分らん編成のアルバム。

CHARLES TYLERはフリー系サックスのようだが、アイラーのように「ヘラホリハリヘラ」では無い。むしろ現在の耳には普通で、むしろバックの編成の面白さの方が目につく。なにしろチェロ・ベースという低音弦楽器だけなのにもかかわらず、しかもベースが2本。はっきり言ってゴチャゴチャです。でもその混沌が良い(のかも)。





チェロは基本的にアルコでバッキングしたりしているのですが、これがまたベースも随所にアルコをしているので何か何だか分らない。分析的に聞こうとすると疲れるので、その混沌に身を任せた方が良いのだろう。

EASTERN MAN ALONE/CHARLES TYLER

Charles Tyler as
David Baker cello
Brent McKesson bass
Kent Brinkley bass

1 Cha-Lacys Out East
2 Man Alone
3 Le-Roi
4 Eastern
[PR]
by jazzcello | 2005-04-13 08:28 | cello album
<< Cool struttin' クリスタル・サイレンス/チック... >>