わらべ歌は怖くない

近年、わらべ歌の本当の意味という言説が世にあふれているのだが多くは「本当は怖い」という風に言われていることが多い。だが、それらの「説」のほぼ全てが「私はこう解釈した」という以上のものでなく、何の根拠も無いというのに等しい。

言語学のほうでは「民間語源」「語源俗解」という用語があるくらい「語源」については根拠の薄い「解釈」がまかり通ることが多い。わらべ歌の本当の意味なんてのもすべからくこれと同じことで何のの根拠も無いのだ。

単なる子供の遊び歌であるわらべ歌を「解釈」して「怖い」ものにする必要は全く無い。
[PR]
by jazzcello | 2009-09-24 00:00 | music
<< ライブ告知 アフターセッション >>