「ほっ」と。キャンペーン

4th Tuned Cello

ふと思いついた。このところチェロを弾いてない。ベースばかり弾いる。ならば、かつてのジャズベーシストのようにベースのオクターブのチューニング(4度調弦)にしてみたらどうかな?

そんなこんなで、色々調べたいたらなんと4度調弦用の弦が市販されているのがわかった。

http://www.orchestral.daddario.com/OrchestralProductDetail.Page?ActiveID=4495&productid=168&sid=6d51f89d-f0fc-4f83-83a5-a9262d6f5ec5

なんと!!市販されるほどの需要があるということだ。だとすると、これは4度調弦にしなけりゃならん。

ただ、この弦は日本では公式には販売してないようだ。ならば、どうしよう?と考えてみて思いついてしまった。
「4度調弦ならギターだ」「ギターのフラットワウンド弦をはってみたらどうだろう?」

所有しているフルアコに張られている弦を見る限りギター弦のほうがやや細そうだ。ギター弦は太さが数値で示されているがチェロ弦の太さのデータは無いだろうかと探してみて見つけたのが次のページ

http://www.sasakivn.com/werkstatt/report/saitenschpan.htm

ギターとチェロ共通のD弦で比べるとして、この表中のチェロD弦で最も細いのは0.935mm=0.37インチ。一方、比較的入手しやすいギターのフラットワウンド弦、ダダリオのミディアルゲージのD弦が0.35インチ。そんなにかけ離れた数値ではない。あとは弦長がチェロのほうがやや長いので長さが足りるかだけの問題だ。

そこで、ダダリオフラット弦の4~6弦をチェロにはってみた。

結果は、ダメだった。

というのは、長さもOKだったしチューニングも目的の音が出たし、弦が細い分ややテンション感が弱いがまあ許容範囲。だが。音色が「変なギターの音」になってしまった。


ならが、市販のチェロ弦でなんとかするしかあるまい。チェロ・ベースのチューニングを並べてみると

C・G・D・A
E・A・D・G

これを変換すればよいのだが。Dは共通なので問題無し。A→Gは1音下げるだけなので多少揺るくなるが可能。G→Aは一音上げなので、多少きつくなるが可能。問題はC→Eで、2音あげるのは許容範囲外。

で、弦の並びを見ていて思ったのが、Gを下げるほうが近い(1音半)じゃないか。下げるよりあげるほうが弦にも楽器にも負担は少ないだろうし。

とりあえず、C弦をはずして予備のGを張って(つまりG・G・D・A)
A→G
D→D
G→A
G→E
にしてみたところ、Aのハイテンションが突出して違和感があり、Eのユルユルは最低弦だと案外気にならなかった。

テンションがきついのなら細い弦を使えばよいということで、G弦のライトゲージを使ってみることにした。チェロ弦にも(全ての弦にではないが)ゲージ違いがよういされていることが多い。でライトGをA弦として張って見たのだ。

その結果、突出したハイテンション感が大分緩和されていい感じだ。ほぼ違和感がない。これで、完成としてもよいのだが、1音半下げたEをGのヘビーゲージに変えるとよりグッドだろう。

まとめると。

1弦:A弦を1音ダウンしてGとして使う
2弦:D弦をそのまま
3弦:G弦ライトゲージを1音上げてAとしとして使う。
4弦:G弦(ヘビーゲージ推奨)を一音半下げてEとして使う。
(ちなみに弦はスピロコアをしようした)

これで、弾いてみるとチューニングが違うだけなのだが、かなりの違いがある。一番の収穫はジャズフレーズが弾けること。もちろんレギュラーチューニングのチェロでも弾けるのだがベースで憶えた運指で弾けるのは「アドリブ」をするうえではものすごいアドバンテージだ。
アドリブの考え方として、頭にうかんだフレーズを指で再現するというのがあるが、アドリブをしていく中で「頭」ではなくて「指」が覚えているフレーズというのはどうしてもある。特にブルージーなフレーズは4度のほうがやりやすい。

もうひとつ、音色が違う。4度は5度よりも響かないチューニングなのでその影響か、やはり音が微妙にくすんだ感じがする。音響的にはマイナスなのだが、その「くすみ」はジャズをブルースを感じさせるような気がする。


で、ここまで書いて来てなんだが、チェロを弾きたいと思うのならやはりレギュラーチューニングでやった方がよい。たとえあなたがベーシストだとしても。4度チューニングのチェロはやっぱり「ピッコロ・ベース」であってチェロではないと思うからだ。チェロの音が欲しいのなら、5度にしましょう。
[PR]
# by jazzcello | 2015-02-24 20:22 | cello

演奏予定

2011/6/5

903BAND
樋渡智美(vo)
おきもとけんじ(pf)
中本朋之(dr)
平渡圭樹(b)

16:30start \1,300(要予約)

北川辺シャムロック
埼玉県北埼玉郡北川辺町柏戸3-1
TEL 0280-62-2408

-----お店ホームページの紹介文より--------------------------------------
Shamrock Live 第8弾 ポップス・コンサート 6月5日(日)16:30開演
今回、はじめてポップスのコンサートを開催します。カーペンターズやキャロル・キング、リンダ・ロンシュタット、ダイアナ・ロス、スティーヴィー・ワンダー等々、その他、とっておきの名曲を用意しています。ヴォーカルは、みなさんお待ちかね第1回ジャズ・ライヴの歌姫樋渡さんの再登場です。懐かしの思い出のポップスを堪能してください。
http://shamrock-cafe.com/news/
[PR]
# by jazzcello | 2011-05-19 09:30 | music

1月の演奏予定

1/23(日)

せろにあす
 飯田篤史(pf)
 平渡圭樹(ba)
神山昌美(dr)
 start:13:00pm charge:\1000
SPACE1497
 熊谷市下奈良1497-5
 TEL 048-529-1745

「せろにあす」のマンスリーライブです。


1/29(土)

みずほのボサノバナイト
 みずほ(vo)
 飯田篤史(k-ham)
 Gypsy(gt)
 平渡圭樹(ba)
 start:19:00pm charge:未定
TAKE 1
 羽生市3-6-2 2F

羽生TEKE 1でのボサノバライブです。


1/30(日)

飯田デュオ
 飯田篤史(pf)
 平渡圭樹(ba)
 start:18:00pm  要食事
ORTON 羽生店
 羽生市桑崎35-1  

羽生市のイタリアンレストランです。ライブというよりBGM的な演奏になります。入店には通常の注文が必要となります。
[PR]
# by jazzcello | 2011-01-18 20:34 | music

ライブ告知

12/12(日)

せろにあす

飯田篤史(pf)
平渡圭樹(ba)

13:00~

SPACE1497
熊谷市下奈良1497-5
TEL048-529-1745


日曜午後のライブです。
[PR]
# by jazzcello | 2010-12-08 00:00 | music

ライブ告知

9/26(日)

せろにあす

飯田篤史(pf)
平渡圭樹(ba)
大澤潤一(dr)

19:30~

SPACE1497
熊谷市下奈良1497-5
TEL048-529-1745
[PR]
# by jazzcello | 2010-09-26 00:00 | music

イベント告知

9/4(土)

CheapStyleClubBand

gipsy(g)
swing(g)
keiju(b)

start:17:00~

AKATUKI
 熊谷市筑波2-49-6イーストビル

ライブというより、バーの片隅で弾いてる感じです。
[PR]
# by jazzcello | 2010-09-04 00:00 | music

ライブ告知

8/21(土)

大島俊郎GROUP

大島俊郎(pf)
荒井俊介(gt)
平渡圭樹(ba)

ダンモ
北本市本町1-69-1 
TEL 048-593-2309

19:00~
charge:¥1,000
[PR]
# by jazzcello | 2010-08-09 21:21 | music

ライブ告知

この先のライブ予定です。

8/8(日)
Original Band In Hey World

北本ヘイワールド(ショッピングモール)
13:30~
3ステージ

Shino(vo)
久米けんじ(Key-hrm)
荒井俊介(gt)
大島俊郎(pf)
平渡圭樹(ba)
中本朋之(dr)


############
9/12(日)
HOTCLUB de CherryBlossom

masumi(vo)
gipsy(gt)
swing(gt)
keiju(vc)
hiro(ba)

JAZZ SPOT JAZZ
足利市通3丁目2778
phone:0284-21-7282
[PR]
# by jazzcello | 2010-08-03 20:10 | music

ライブ予定

この先のライブ予定です。


2010/07/17(sat)
17:00~
吹上商工会議所(ビアガーデン)

2010/07/27(tue)
詳細未定
上尾Happiness
埼玉県上尾市谷津2-2-17 TEL 048-776-0906

CheapStyleClubBand com ritmo da bossa!

mizuho(cantor)
gipsy(violão)
masked atsushi(teclado)
keiju(contrabaixo)
massan(percussão



2010/07/31(sat)
17:30
ダンモ
北本市本町1-69-1
チャージ:¥1000

Vo-gipsy
Pf-飯田篤史
B -平渡圭樹
ds-増田一雄
[PR]
# by jazzcello | 2010-06-10 22:28 | music

イベント告知 **時間変更になりました**

c0036419_18195290.jpg
2010/6/5
CheapStyleClubBand com ritmo da bossa!
1st13:00~ 
2nd15:00~
鴻巣市役所吹上支所

mizuho(cantor)
gipsy(violão)
masked atsushi(teclado)
keiju(contrabaixo)
massan(percussão)


思いっきり久しぶりの投稿ですが、イベントでの演奏告知です。

チェロは弾かないです。
[PR]
# by jazzcello | 2010-06-01 18:19 | music

ライブ告知

HOT CLUB de Cherry Blossom

Masumi(vo)
Gipsy(g)
Swing(g)
Keiju(Vc)
Hiro(b)

11月01日 20:30~

JAZZ SPOT JAZZ 屋根裏
足利市通3丁目2778
・・フレッセイ前3F・・
phone:0284-21-7282

チャージ:¥1,600
[PR]
# by jazzcello | 2009-11-01 20:30 | music

わらべ歌は怖くない

近年、わらべ歌の本当の意味という言説が世にあふれているのだが多くは「本当は怖い」という風に言われていることが多い。だが、それらの「説」のほぼ全てが「私はこう解釈した」という以上のものでなく、何の根拠も無いというのに等しい。

言語学のほうでは「民間語源」「語源俗解」という用語があるくらい「語源」については根拠の薄い「解釈」がまかり通ることが多い。わらべ歌の本当の意味なんてのもすべからくこれと同じことで何のの根拠も無いのだ。

単なる子供の遊び歌であるわらべ歌を「解釈」して「怖い」ものにする必要は全く無い。
[PR]
# by jazzcello | 2009-09-24 00:00 | music

アフターセッション

5月26日 熊谷 AKATSUKI でのライブのアフターセッション


[PR]
# by jazzcello | 2009-07-27 21:46 | cello

足利屋根裏ライブ

c0036419_106820.jpg


8月2日(日)8:30~ に変更になりました。
[PR]
# by jazzcello | 2009-07-02 20:30 | cello

告知

Hot Club de Cherry Blossom

 masumi(ボーカル)
 gipsy(ギター)
 swing(ギター)
 hiro(ベース)
 hirawata(チェロ)

日時:2009年4月5日  10:00~11:00

場所:吹上さくらまつり(鎌塚イベント広場・元荒川親水護岸他)
[PR]
# by jazzcello | 2009-04-05 10:00 | music

Suite for Cello and Jazz Piano Trio

Suite for Cello and Jazz Piano Trio: Set of Parts

Hal Leonard Corp



Claude Bolling: Suite for Cello & Jazz Piano Trio

CBS



楽譜とCDです。CDのほうは前から持っていましたが、今回楽譜を入手しました。
[PR]
# by jazzcello | 2008-12-22 00:00 | cello album

Automatic / Channel Light Vessel

Automatic
Channel Light Vessel / / Hannibal
ISBN : B000E41JQ6
スコア選択:

More
[PR]
# by jazzcello | 2008-06-12 00:00 | cello album

Sam Jones / Soul Society

The Soul Society
Sam Jones / / Original Jazz Classics
ISBN : B000000Z80

More
[PR]
# by jazzcello | 2008-06-11 00:00 | cello album

サイレント・エレキ

サイレントバイオリンとエレキバイオリンはどう違うのですか?

こういう質問をよく見かけますが、これに回答するのは結構難しいです。というのは、サイレントバイオリンの定義が曖昧だからです。

言葉本来の意味で言えば、サイレントバイオリンというのは静かなバイオリンと言うことでエレキである必要はありません(エレキであっても良い)。「練習用に共鳴胴をなくして音を小さくしたバイオリン」がサイレントバイオリンということになります。この手の楽器は昔からありましたが一般に普及したものではなく名称も「サイレント・バイオリン」「ミュートバイオリン」「プラクティス・バイオリン」などとさまざまな呼ばれ方をしていました。

More
[PR]
# by jazzcello | 2008-05-30 18:43 | music

Nihm / Okkyung Lee

Okkyung LeeはNYで活躍中の韓国人チェリスト

Okyyung Lee(comp,cello)
Doug Wieselman(cl)
Sylvie Courvoisier(p)
Ikue Mori(electronics)
Shelley Burgon(harp)
Trevor Dunn(b)
John Hollenbeck,Tim Barnes(ds,per)

1. On a Windy Day
2. That Undeniable Empty Feeling
3. Story of You and Me
4. Anything You Say, Anything You (Don't) Say
5. Returning Point
6. Home [Korean Children's Song]
7. Deep Blue Knot
8. Closed Window
9. Sky
10. Tuesday Morning
[PR]
# by jazzcello | 2008-04-09 00:00 | cello album